注文住宅の後悔スポット

私は、練馬区に注文住宅を建てた経験がありますが、後悔をしているポイントがあります。それは、吹き抜けに関してです。私は、注文住宅を建てる際、主人と相談をしたのですが、リビングに吹き抜けを作ることにしました。開放的で明るい家が良いと思ったので、そうしたのですが、結果的に後悔ポイントとなっています。
吹き抜けがあることで、テレビの音などが二階に届いてしまいますし、さらに空調などの効率が悪くなってしまいます。なかなか冷えなかったり、暖房が効かなかったりすることが多いので、困っています。さらに、当時は子供がまだいませんでしたので、あまり考えなかったのですが、今は子供が産まれているので、吹き抜けのスペースがあれば、もう一つ部屋を確保することが出来たのにな…と思っています。
このため、吹き抜けを作る場合には、先々の将来のことまで考えて、部屋よりも吹き抜けを優先するべきなのかどうか、慎重に判断する必要があると思いました。