住宅リフォームは外観から行いたい

もしも今住んでいるかつての練馬区の新築住宅ををリフォームすることができるのならば、まず外観から直します。なぜ、そのようにしたいのかと言いますと、いくら家の中をリフォームしても家のパッと見た目が古臭い感じでしたら、おしゃれ感が出ないと感じるからです。

わが家の近所にあるカフェだってそうですよ。今、密かなブームなのかも知れないと思っているお家風カフェが近所にオープンしたのですが、外観がよくないですもん。メニューも評判で私も以前から興味があったのです。けれど、中古住宅をリフォームして、そしてカフェとしてオープンしたその建物は、外観から見たらとても「カフェ」な感じに見えませんもん。「ちょっとキレイにした家」という域を脱していないところなんです。

しかし、入ってビックリ内観はオシャレな感じでした。だからこそ私は、「家って外観も大事なんだなー」と、ものすごく思ったんですよね。住んでいる分には外観は関係ないと言えるのかも知れませんが、しかし「オシャレな家」ということを考えたら、家の外観はとてもとても大事ですよ。ですからわが家にしても、リフォームをするなら、ちゃんと外観も現代風に直したいと強く思っているわけです。

生活を意識した住宅建築をしましょう

当方、30代の男性サラリーマンです。
私は、昨年、平和台に新築一戸建てを建設しました。
自分の気に入った家は、3回建ててやっと満足のいく家が出来上がるというくらい難しいものと言われていますが、できる限り1回で建てたい。(当たり前ですが。)そのために、私は事前の準備をしっかりして、ネットなどで他の人の後悔ポイントを調べながら進めました。

 

私が家を建てるにあたってこだわったところは、とにかく家事導線の取りやすい家造りです。ネットの失敗談で多かったのが、外観や内装のこだわりを意識しすぎて、まったく生活しづらい家になってしまったということです。これを参考にして、私はとにかく家事導線を意識しました。具体的には、キッチンと洗面所とお風呂、洗濯機にアクセスしやすいように水回りをまとめて設定したことです。また、買ってきたものも運びやすいように車から勝手口、キッチンへの動きもスムーズにできるようにしました。

 

結果、これが大正解で、とても生活しやすい家になったので満足しています。
正直、外観や内装は、後で自分でもなんとかなると思いますので、自分ではできないところをこだわった方がいいと思いました。